いづみミュージックスクール
お問い合わせ

音楽レクリエーション→音楽レクリエーションを受けられた方の声


音楽レクリエーションを受けられた方の声

アットホーム新川 グループハウス"金さん銀さん"より

■利用者の方の声
歌ったり、踊ったりしたあとも、楽しい気分がします。「歌いたいなぁ」と、思った時にすぐ歌えるように、いつも歌詞ノートを傍に置いています。

■職員の方の声
普段、余りしないような動きや、発声、リズムなどを通して楽しみながら行うので、体や頭に良い刺激になっていると思います。今後も、こんな感じで続けて行けたら良いとおもいます。

今年から、各ハウスの発表会に向けて頑張っています。職員、ヘルパーさんの協力の元、みんなで1つのものを、作り上げて行っています。最初は、参加されなかった方が、だんだん参加されるようにもなりました。凄く良い方向へ、みんなで進んでいます。これからも、どんどんレベルも上げて、一緒に頑張りましょう★みなさんの、すてきな笑顔、いつも目にやきついていますよ

入善町役場/保険情報室 健康づくり係 理学療法士 荒川 直美さんより

■音楽レクリエーションをしてみて
入善町のリハビリ教室では、平日は毎日いきいきスタジオをリハビリする方のために解放しています。ここでは、毎日『リハビリ友の会の歌』を皆さんで歌っています。太田先生に音楽レクリエーションをお願いし、皆さんで笛を利用しながらという初めての体験をさせていただきました。笛をふくなんてめったにない皆さんでしたが、いつもは見られない集中力のすごさと、1曲吹き終えた達成感を感じることができました。音楽レクリエーションを取り入れて2年目となりますが、普段とは違う形で楽しく笑顔で歌にふれあえる時間だと思っています。これからは、練習して皆さんに披露出来ればと考えています

物凄い集中力で、こちらまで驚かされます。みらーれTVにも出演されました。いつも元気いっぱいのみなさんは、1つの事をみんなで仕上げる事により、すばらしい達成感と共にすばらしい笑顔もみせてくれます。私が皆さんに元気をもらっています。これからも、どんどんレベルアップして一緒に頑張って行きましょうね☆

知的障害、引きこもりの子を実際にレッスンしてみて

■いづみ先生
初めは正直とまどいました。そういう子をもちろん教えた事がなかったからです。知的障害の子は、いきなり叫び出すし、ピアノはおもいっきり叩くし、自分の頭を抱え込んで泣いたり、部屋を駆け回るのを止めるのに一生懸命になってレッスン所じゃありませんでした....。と、私自身自分の体調をコントロール出来なくなり倒れたりもしました。それだけ、もの凄く神経も使い、大変でした。
そして研修や勉強会に参加し、自分の方法でその子その子に合ったレッスン方法を見つけ出せました。例えば、、、叫ぶ⇔大きいね。モゴモゴ何か言う⇔小さいね。で、強弱の練習 いきなり泣いたら⇔マイナー(暗い)の、悲しいメロディーを聞かせ、一緒になって悲しむ。笑い出したら⇔メジャー(明るい)の、楽しいメロディーを聞かせ、一緒になって楽しむ。で、表現力の練習と、その時その時に同じ気持ちになってあげる事により、私の話を聞いてくれるようになりました。
カスタネットや鈴、手拍子なんかでリズムがとれなかった子は、新聞を使ってリズムと表現力の練習をしました。曲に合わせて、優しいメロディーがながれると⇔ゆっくり破り、激しいと⇔早く破り、にぎやかになると⇔振り回し、最後の「ジャン」というキメがあれば⇔上へ投げたり。そうしていくうちに、カスタネットや鈴、手拍子なんかでリズムをとることが、出来るようになりました。
少しピアノを触れる子でも、ドレミの位置がわからない子には、私の手の爪に、いろんな色のマニキュアや、マジックを塗って、赤.白.緑.などで色で覚えるレッスンをしたら、チューリップが、両手で弾けるようになった子もいます。
引きこもりで、全然しゃべらなかった子が自分の曲をつくろう!!というのを目標にしてレッスンを進めると、とってもステキな曲になり、その曲に歌詞をつけさすと、私が思いつかない漢字や言葉が凄くあり、その子の世界の素晴らしい曲が出来ました。その時、レッスンで全然しゃべらなかった子が、引きこもりで、全然しゃべらなかった子が自分の曲をつくろう!!というのを目標にしてレッスンを進めると、とってもステキな曲になり、その曲に歌詞をつけさすと、私が思いつかない漢字や言葉が凄くあり、その子の世界の素晴らしい曲が出来ました。その時、レッスンで全然しゃべらなかった子が、「先生、ありがとう。」と、かすれた小さな声で言ってくれた時の感動は、今もハッキリ覚えています。嬉しくてしばらく涙がとまりませんでした。

このような素晴らしい経験をしてきて、やはり音楽は凄い!あらためて思いました。

障害を持っている子、引きこもり、登校拒否、こういう子達は、夢と希望に向かっての、《きっかけ》を一緒に探していけたらいいと思います。

レッスンに来てみてどうでしたか?(プライバシーを守るためAくんBさんとなってます。)

■知的障害でレッスンに来ているAくんの、お母さんから
最初、普通の子がかよう音楽教室に問い合わせたら、断られました。勇気を出して問い合わせたのに、、、、。それでも、あきらめられず、見つけたのが泉先生のところでした。
レッスンに行くようになってから、スキップができるようになりました。たかがスキップと、一般の方は思うかもしれませんが、凄い事なのです。
私は音楽があまりよく分からないので、リズム感が良くなったとかは、分かりません。ですが、日常の生活で、子供が悲しいのか、嫌なのか、嬉しいのかの区別が付くようになりました。音楽の力だと思います。本当に、泉先生に出会えて嬉しく思います。
子供の友達のお母さんたちは、「家の子の才能を引き出したいし、習わせたいけど、やっぱり人目も気になる。」って言ってました。これからも、大勢の方を救えるよう、是非頑張ってください。これからも、よろしくお願い致します。

■引きこもりでレッスンに来ているBさんのお母さんから
はじめは、この子を変えなくちゃ。と思って嫌がるのに連れていきました。 今は高校に行ってるので本当に良かった。「泉先生と約束したから。」と、受験を頑張って今年から通っています。ここまで来るのに、本当に大変でした。レッスンに行くとき「太陽にあたりたくない。」とか。いつも深く帽子をかぶってましたよね。先生に「Bちゃんのせっかくの可愛い顔見えないよ。」とそんな言葉からでしたね。
音楽を通じて、心が変わる。と、おもいました。
Bちゃんのように、同じ立場の子を、救ってあげて下さい。そして、先生みたいな人が増える事を願っています。

音楽レクリエーションのページに戻る